中目黒の審美歯科サロン 山の手通り歯科 HOME > 前歯が気になる

目立ちやすい前歯をきれいに

前歯は口元だけでなく、顔の印象そのものを左右する重要なポイント。前歯に問題があると、人前で口を開けることすらプレッシャーになってしまうこともあります。前歯の形状や色などにお悩みをお持ちの方におすすめするのが、前歯へのセラミック治療です。

前歯のかぶせ物がなんとなく不自然で気になるという方、すきっ歯を改善させたいという方も、当院での治療ならきっと悩みを解決できます。

クラウンについて

クラウンとは、虫歯などで大きく歯を削った後にかぶせる人工歯のことであり、一般的には「かぶせ物」や「差し歯」などと呼ばれます。保険診療の範囲では、硬質レジン前装冠という金属フレームの表面にレジン(歯科用プラスチック)を張り付けたクラウンが使われます。

セラミッククラウンの種類
ジルコニアオールセラミッククラウン
ジルコニアセラミッククラウン

オールセラミックよりもさらに高い審美性・耐久性を持つ素材でできたかぶせ物。噛み合わせの強い力がかかっても安心です。

オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウン

セラミックのみでできたかぶせ物。ハイブリッドセラミックよりも透明感があり見た目が美しく、強度も高いです。経年的に変色することもなく、より美しい仕上がりを求める方にはおすすめです。

ラミネートベニアについて

ラミネートベニアとは、歯の表面を薄く削ってセラミック素材の板をそこに貼り付ける治療法。歯の変色や、すきっ歯の治療などで施術されます。クラウンと比べて歯を削る量が少ないため歯へのダメージが少なく、治療も短期間で済みます。

ラミネートベニア治療が適用される症例
歯の変色 「テトラサイクリン」という抗生剤によって歯が茶色やグレーに変色している・黄色の線が入っている歯を「テトラサイクリン変色歯」といいます。ホワイトニングでもなかなか改善しないケースがあるため、ラミネートベニアによる治療が功を奏します。
軽度に乱れた歯並び 軽度のデコボコやすきっ歯であれば、矯正治療を行わなくてもラミネートベニアで改善させることが可能です。
歯の表面に限られた虫歯 表面のみの虫歯や前歯の一部欠損といった場合は、ラミネートベニアによる治療が効果的です。
セラミックラミネートベニアの種類

ラミネートベニアで使用できるセラミックは、オールセラミックのみです。

オールセラミックラミネートベニア

セラミック製の薄い板で削った歯を補う処置。透明感があり見た目が美しく、十分な強度もあります。従来のセラミックラミネートベニアは破損・剥がれなどの欠点がありましたが、セラミック質の向上により近年ではそのようなトラブルはほとんどなくなりました。

歯の根もとの変色を改善

前歯を差し歯にした場合、経年によって歯の根もとが黒ずんでくるケースが多々あります。これは神経の除去に伴い、残存した血液成分が歯の根っこを茶褐色に変色させているため起きる現象です。セラミックをかぶせてしまえば見えなくなると思われがちですが、歯ぐきから歯根の変色が透けて見えるので歯ぐきの色が暗くなって不自然に見えます。

山手通り歯科ではセラミックをかぶせる前に歯根の漂白を行って黒ずみを改善することで、より天然の歯に近い状態へと処置することが可能です。歯根漂白をご希望の方はお気軽にご相談ください。

こんな方もご相談ください

奥歯をきれいにしたい方

歯全体を白くしたい方

歯の汚れや着色を除去したい方

  • ページの先頭へ戻る