中目黒の審美歯科サロン 山の手通り歯科 HOME > 接着修復システムについて

二次う蝕を防ぐために

一度治療した虫歯が再発する「二次う蝕」を防ぐためには、詰め物・かぶせ物の耐久性を高める「特殊な接着修復システム」が必要です。当院の接着修復システム、歯面にリン酸と次亜塩素酸ナトリウムゲル(ADゲル)を用いて歯質を改質させる「ADゲル法」を採用しています。
このような処置を行うことで接着剤が歯面に浸透し、接着の耐久性が高まるのです。

接着修復システムの有用性

一般的に詰め物・かぶせ物の接着には歯科用セメントが用いられていますが、保険治療で用いられているセメントの接着性はそれほど高くありません。
そのため、詰め物・かぶせ物が外れないように、歯を大きく削ってはめ込む方法が採られているのです。しかし当院の接着修復システムによる治療では、強力な歯科用接着剤を使用するため歯を削る範囲は最小限で済みます。

繰り返し荷重をかけたクラウン内面のすき間の大きさ

当院で採用している接着システムは院長の研究にデータに基づいて、修復物に強い力がかかってもすき間がほとんど開かない耐久性の高いシステムを採用しています。

当院の接着システムならこんなこともできます(破折歯接着)

接着修復システムは詰め物・かぶせ物以外にも大変有用です。外傷などによる歯の破損や神経を失った歯、歯髄保存を必要とする歯などの修復にも有用です。

山手通り歯科なら10年保証

山手通り歯科は、ADゲル法用いた接着修復システムを、セラミックなど主に審美治療に採用し豊富な治療経験と実績に自信を持っています。そのため、治療には10年間の保証期間を設けております。万が一の破損等の不具合が起こった場合は、無償にて対応しますので、治療をご希望の方はどうぞお気軽にご相談ください。
※10年保証は、半年に一度のメインテナンスを受けていただける方のみを対象とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

  • ページの先頭へ戻る